tousi
最近では様々な投資が流行っていますし、これから不動産投資をしたいと思っているという方は少なくないのではないでしょうか。
確かにこの不動産投資というものは上手に行う事ができれば、かなり上手に資産運用をする事ができると言えるでしょう。

ただしこの不動産投資にはデメリットや注意点もありますから、今回はそれについて紹介したいと思います。
まず、不動産投資はもちろん失敗をする可能性というものもあり、失敗をしてしまえばもちろん損もしてしますので、リスクの面では結構大きいという事は忘れないようにしてください。

例えば誰かに不動産を貸し出すにしても、一人入居し出て行く時にはきちんとリフォームなどを行う必要があり、それには費用もかかります。
ですから絶え間なく入居者がいるような状態でないと損になるなんていう事も少なくありません。

不動産投資は軽い気持ちで始める事は大変難しいので、きちんと投資の勉強をしてから行ってください。

不動産業者を選ぶなら「露出度」を見る

自身の大切な不動産の取り引きに関わる事業者はしっかりと選びたいものです。一方、選ばれる側の不動産業者では、ビジネスのスケールがとても大きいものですし、取り扱う商品が商品なだけに、一度の取り引きで動く金額が高額なものになりますので、小売店のように毎日多くの顧客や生活の一部として同じ顧客が通ってくれるわけではありません。

いかにして「商談」の機会を得るのかということがポイントになります。ですから、大手であれば資産家に対してのサービス、さらには法人向けのサービス、さらには賃貸の仲介や管理を兼ねている場合が多く、事業が多岐に渡っています。

不動産事業者のビジネスの根幹は「仲介」にあります。賃貸物件などを見ていてもわかるかと思うのですが、同じ物件が複数の事業者で取り扱いされています。

それは「早く契約を取り付けた者勝ち」ということになるということです。そのため、どれだけ多くの方に存在を知ってもらうか、どれだけ多くの方に存在をアピールできるのかということもポイントになります。この点が、「確かな経営基盤を持った事業者」を選定するひとつの目安になります。

良い不動産業者を探して査定をしてもらうというのもひとつの選択として保持しておいてください。
不動産査定 | 無料で簡単に不動産の査定相場を知る方法

http://xn--ihq79ip6iqwkd3csvtezg.jp

査定は様々な、野村とかniceとかの業者も行ってくれますので、色々探して比較してみるとよいでしょう。

多くの予算を投じて広告宣伝をしなければ、多岐に渡る各事業で商談の機会を得ることができません。

そして各事業で収益を出していなければ、巨額の予算を投じて広告を出すことができません。つまり大規模な広告展開をしている事業者は、その分信頼しても良いということになります。

広告会社も「与信」を行いますから、多くの予算を投じることができているということは、社会的に信頼されているということの証でもあります。長期に付き合うケースもありますから、オーナーにとっては経営基盤が確かな事業者は信頼して自身の物件に関することを任せることができるものです。

不動産屋で成功するためには
今は不動産屋も数多くあり、競争率も激しくなっています。
そこで不動産屋で成功するためには物件の数を多くしたり、質を上げたり、接客態度を良くしたりだけでなくて、お得なサービスを展開していく事が必要になってきます。
例えば価格を下げるキャンペーンをやったり、マンションなどを借りた人に家電製品などのちょっとしたプレゼントをしたりとお客さんにとってお得なサービスを展開する事によって来店客が増えてくる可能性があります。
その証拠に、今の不動産屋の多くでキャンペーンをしたり、家電を無料貸し出ししたりなどのサービスを行っている不動産屋も多くなっています。
それだけ何かお得なサービスをやっていかないとなかなか繁盛しないという事です。
お客さんを第一に考えることによって客数を増やす時代になっているのです。
お客さんの事を考えないようではいつまでたっても繁盛しない時代になっています。
また、ホームページも分かりやすいように作成する事も大事になってきます。

投資用マンションを購入しました
投資用にワンルームマンションを購入しました。
利回りの良さにつられて購入したのですが、事前に自分で済み済みまでチェックをしました。
特に気をつけたことは、利便性が良い場所にあるかどうかということです。
一人暮らしのワンルームマンションなので、通勤や通学に入居者が便利だと感じるエリアならば、常に入居者が入って空き状態にならないと思ったからです。
予想通り、購入して4年目になりましたが、今の所、空き状態になったのは1ヶ月しかないという状況です。
その1ヶ月は以前住んでいた入居者が退去して、クリーニングを行い、新たな入居者の募集期間でした。
その1ヶ月で無事に入居者が決まったので良かったです。
投資用マンションなので、部屋が空いている状態は最も避けたいことだからです。
利便性の良い場所にマンションを選んだのは本当に正解だと思いました。
次に投資用マンションを買う時も、このエリア周辺の物件を探してみたいと思っています。
今後10年間で資産運用を効果的にしていきたいです。

賃貸物件を探すにあたって
最近はインターネットの物件情報でいつでもどこでも物件情報が閲覧できます。
大手のサイトですと非常に多くの物件情報が載っている場合が多く希望の家賃や間取り、築年数などで絞り込んで探すことも可能です。
非常に便利になっていますよね。
大手は確かに情報数も多いのですが、地方の物件などは意外と地元の不動産屋さんの方が「穴場物件」が見つかる場合も多いのです。
大家さんと不動産屋さんが直接つながっている場合も多く、家賃交渉や入居時期などの相談にも乗ってくれ易いのです。
情報数は大手にはかなわない部分もあるかもしれませんが、細かな土地の情報やお子さんがいる場合などは学区やその学校の口コミなども知っていたりするので全く知らない土地の物件を探す時などはとても有益な情報と物件探しが出来るんです。
これから物件探しをする方は、地元に強い不動産屋さんのサイトも覗いてみる事をお勧めします。
自分に合った物件探しが出来ると良いですね。

私は、家にとても憧れがありました。
とても素敵なこだわった家もありますが、そういった家も素敵なのですが、今はやはり毎日のことになるので、小さくても、便利の良い場所にある家にいちばん憧れます。

駅からすごい近い家が本当にいいと思います。
出不精なので、スーパーに行くのにも不便だと、なかなか本当に家から出なくなるからです。

高齢になると買い物難民になりそうです。
だから極力、便利な土地がいいなって思います。

不便な場所に立った家だったら、結構タクシーとか使ってしまいそうで、かえってお金が高くつきそうで怖いです。
買う時は、不便な土地は安いでしょうが、売ったりするときには、大変そうです。

知人が買い手がいないって言っていました。
しかし、小さい土地でも、便利の良い、駅周辺の土地は、とても人気が高く、高額です。

もし売却する時にも、買い手がすぐにつき、高額で買ってもらえそうです。
人それぞれでしょうが、だんだんと年をとってくると、便利な場所の家に憧れます。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com